指輪

ダイヤのリング選びの基準

指輪を身に着けた手

覚えておきたい4C

仙台では、婚約指輪はダイヤモンドのものを選ぶ人が多いです。ダイヤモンドの婚約指輪を仙台で選ぶにあたっては、その基準を覚えておくとよいでしょう。ダイヤモンド選びの基準として、用いられるものが4Cです。これは四つの基準の頭文字をとったもので、仙台においては婚約指輪購入の際の、大きな参考材料とされています。一つ目はカラットで、ダイヤモンドの重さを意味するものです。この値が大きいほど直径が大きくなり、重さも増していきます。と同時に希少価値も高まり、値段も上がるのが一般的です。二つ目は、クラリティと呼ばれるもので、ダイヤモンドの透明性を表すものとなっています。この値が高いほど、傷や中に含まれる不純物が少ないことを意味し、透明性は高いです。輝きは上がり、耐久性にも優れることからよく確認したい値と言えるでしょう。三つめは、カラーです。ダイヤモンドは、わずかながら色がついていることが多い宝石で、無色透明に近いほど価値があるとされます。この値が高ければ、より無色に近くなります。ちなみにピンク、ブルーなどのカラーダイヤモンドには、これとは別の基準がありますので注意が必要です。最後の基準は、カットです。これは、ダイヤモンドの輝きを示すもので、グレードが高いとその分輝きが増します。ダイヤモンドはカットされ研磨されることで加工されますが、多様な方法があり、どれを用いたかによって輝きは大きく変わります。これらの4Cをしっかり理解したうえで、仙台の店で予算や希望に合った婚約指輪を選ぶことが大切です。