男女

輝きを守るためのコツ

男女

身につけたら拭く習慣で

婚約すればその婚約の証に男性から女性へ婚約指輪が贈られますが、これは仙台でもどこでも同じです。一生に一度、大切な彼が奮発して購入してくれる婚約指輪は、いつまでもその輝きを守り大切に使い続けるために保管方法には気を配りましょう。婚約指輪を保管するのに適しているのは、仙台などのブライダルジュエリー店で購入したときに付いているケースや保存袋に入れて保管することです。これだと、他のアクセサリーと接触することがないので傷がつく心配がなく、また単体で保管できるので安心です。もし無い場合は、ジュエリーボックスで保管してもいいですが、そのときには他のアクセサリーと接触しないように、間に仕切りを入れたり、柔らかい布で包んだりしてなるべく単体で保管するようにしましょう。そして、身につけた婚約指輪を保管するときですが、必ず柔らかい布かメガネ拭きで傷まないように優しく乾拭きをしてから保管するようにしましょう。これは、普段のお手入れ法として婚約指輪を保管する前には必ず行うように心がけましょう。仙台のブライダルジュエリー店で販売されている婚約指輪にはさまざまな素材のものがありますが、その素材に適した保管を心がけることも大切です。婚約指輪が銀で作られている場合は、空気中に含まれている硫化水素に反応すると黒く変色してしまうので、銀専用の保存袋に入れたり、ジッパー付きのビニール袋に入れたりすると変色しにくくなります。ゴールドは、化粧品がついてしまうと光沢を失いやすいのでこまめなお手入れが必要です。また、婚約指輪についている宝石によっては中性洗剤が使えなかったり、ぬるま湯でのお手入れもタブーなことがあるので、購入した仙台のブライダルジュエリー店でお手入れ方法や保管方法について聞いておくようにしましょう。

ダイヤのリング選びの基準

仙台でダイヤモンドつきの婚約指輪を選ぶ際、参考にされる基準が4Cです。石の重量を表すカラット、透明性を表すクラリティ、無色への近さを示すカラー、輝きの程度がわかるカットがあります。これらが高いほど価値も上がり、質は高いとされます。購入時はこれらをよく確認し、予算やニーズに合致したものを選びましょう。

事前の下調べが大切です

仙台には、百貨店や宝石専門店が多く営業しています。その中で、婚約指輪を選ぶには事前の下調べが大切です。特に、素材やデザインによって予算が大きく変わります。特に、素材によるアレルギーがある場合は、慎重に選ぶ必要があります。

思い出をカタチにこめて

仙台で婚約指輪を選ぶときは、好きなブランドやデザインから選ぶ方法がありますが、最近ではオーダーしたりハンドメイドで作るカップルもいます。既製品を購入するより時間がかかりますが、ふたりだけのこだわりの指輪を作ることができ、ハンドメイドの場合はペアで数万円と安い料金で作れるところもあります。